公務員でも副業

公務員は副業禁止 投資の方法

スポンサードリンク

公務員は副業禁止です。

公務員の副業

 

公務員は原則として副業を認められていません。

 

これは国家公務員法103条と地方公務員法38条に副業禁止について詳しく明記されています。

 

では公務員で副業をすることは本当に不可能なのでしょうか?

 

実は公務員は完全に副業を禁止されている訳ではありません。

 

ちゃんと公務員が副業する方法はあるのです。

 

公務員ができる副業

 

一定規模以下の不動産投資

 

資産運用(預金、株式投資、投資信託、FX(外国為替証拠金取引)など)

 

農林水産業

 

任命権者の許可を得たケース

 

公務員の投資

 

実際に株式投資やFXなど投資をしている公務員はかなり多いです。もちろん就業中に取引すると規則違反になります。

 

最近では自動売買機能によって金額を設定しておくだけで自分はその場にいなくても自動で取引することも可能になっています。

 

当サイト「公務員は副業禁止!投資する!」で紹介させて頂く公務員の副業は主として「株式投資」、「投資信託」、「FX取引(外国為替証拠金取引)」、「不動産投資」になります。

FXで副業する

FX取引することで日本経済・政治をはじめ、海外の社会情勢に詳しくなったという方は多いです。公務員など昼間働いている人でも24時間取引することができるため、電車の中、仕事終わりなど時間に自由がきく資産運用として副業として大きく注目されています。近年、FXを副業にする公務員・サラリーマンが増えてきています。また多くのFX業者では未成年の口座開設を認めていませんが、私の知る限り「SBI FXTRADE」なら未成年の公務員の方でもFXを始めることができます。FXを始める為にはまずは口座開設する必要があります。

 

>>公務員向きFX業者一覧はこちら<<

不動産投資で副業する

最近、公務員の副業として熱いのが、マンション経営・アパート経営などの不動産投資です。不動産投資が公務員人気なのは銀行の融資を受けやすいのと安定した収入を望めることです。不動産投資で稼ぐための近道は成功者のノウハウを学ぶことです。市販の本などで安い自己投資をするか、成功者ノウハウの詰まった商材で高い自己投資をするかはあなた次第です。

 

地方プレミアム投資術 DVD版

株式投資で副業する

株式を始めることは政治・経済を学ぶチャンスです。最近では若手公務員に人気のある資産運用の1つです。未成年(20歳未満)の公務員でも「マネックス証券」など1部の証券会社で口座開設することができます。株式投資を始めるためにはまずは証券会社に口座開設する必要があります。

 

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!

投資信託で副業する

投資信託は忙しい公務員やサラリーマンに人気の副業です。国内株式、海外株式、ETF、REIT、MRF、MMF、海外MMFなどを組み合わせて分散して投資するためリスク対策になります。自分では株式を運用する自信はないけどインフレなど将来の大きなリスクを考えると預金では不安という人で投資信託をしている人は多いです。メリットは専門家に資産運用を任せることができることです。未成年者の公務員でも投資信託ができる証券会社として「SBI証券」や「マネックス証券」などがあります。投資信託を始めるにはまず証券会社に口座開設する必要があります。

 

>>公務員向け投資信託ネット証券一覧<<

公務員のクレジットカード

副業するために1枚は持っておきたいクレジットカード。独自の調査・分析により、公務員向きのクレジットカード厳選3社を選び出しました。おすすめのクレジットカードはコレだ!

 

公務員クレジットカードおすすめ

公務員副業がばれたら?

公務員の副業発覚したら

 

公務員は原則として副業が禁止されていますので、任命権者の許可や認められている副業以外の副業がばれた場合は行政処分の対象になります。

 

処分内容は程度によって異なりますが、軽い場合でも減額や停職でしょう。

 

最悪の場合を想定すると懲戒免職を覚悟した方が良いかもしれません。

 

公務員は副業がばれるとクビになる可能性があることを覚えておいてください。

 

公務員副業ばれない方法

 

なぜか公務員で副業しているのにバレないという人がもしかしたら周りにいるかもしれません。

 

私の推測だと副業がばれていない理由は2つあります。

 

副収入が年間20万円以下

 

公務員の場合、給与所得者となり本来の給与所得以外の収入があったとしても年間20万円以下なら確定申告する義務が生じません。

 

そのため副業での収入を計算して年間20万円以下に抑えることでばれていない可能性があります。

 

無申告者

 

通常の場合、公務員が本来の給与所得以外で年間20万円以上の所得がある場合、確定申告する義務が生じます。

 

公務員の場合は基本的には住民税が特別徴収の天引きになっているため、

 

副業で得た収入を確定申告すると住民税の金額が変わってくるため副業をしていることが職場に発覚する可能性があります。

 

副業発覚を恐れる公務員の中には確定申告しない方もいるかもしれません。

 

この場合、脱税となり税務署に発覚すると追徴課税でとんでもないことになる可能性があります。

 

副業禁止のルールは守りましょう

 

禁止されている副業は自分自身を苦しめる結果になりかねません。

 

給与が減額されて生活が厳しいのはわかりますが、決められたルール必ず守りましょう。

 

認められている副業の範囲であれば全く問題ありませんので、危険な橋は渡らないことです。

 

>>公務員の副業ランキングはこちら<<

副業の定義とは?

副業とは?

 

実は副業の定義はなかなか難しいのです。

 

副業は別名サイドビジネスや兼業と言われていて、副業の定義は「営利目的の活動」となります。

 

私の勝手な解釈では営利目的ではない趣味程度内容のことなら副業に当たらないと考えています。

 

例えばフリーマーケットやネットオークションは趣味の一貫の内容のものです。

 

フリーマーケットは地域の行事として行われることが多く、これに公務員だからと言って参加できないのはおかしな話ですし、

 

ネットオークションの場合も、不要になった物を売れないようでは余りに理不尽です。

 

公務員のアフィリエイト

 

副業のラインはかなり難しいものがあって、例えばアフィリエイトなどネットビジネスです。

 

アフィリエイトの場合、個人的な趣味としてブログやホームページを運営して広告をサイトに貼っている訳ですが、

 

趣味と見る人もいれば営利目的と考える人もいるようです。

 

私の見解では公務員がアフィリエイトをすることは危ない橋を渡るグレーゾーンだと考えています。

 

潔白の状態でアフィリエイトを始めるなら一度職場の上司に相談してみると良いと思います。

 

公務員は安定していません。

公務員は一生安泰?

 

公務員の魅力を「安定」と答える人がいますが、本当に公務員は将来安泰で安定している職業と言えるのでしょうか?

 

ある都道府県の自治体ではここ20年間で期末・勤勉手当(ボーナス)が1.4ヶ月分以上少なくなっています。

 

給与も毎年のように減額されていて、公務員の魅力の1つであった退職金もここ数年で大幅減額になりました。

 

給与カットの標的に常になってしまうのが、管理職(上級幹部)です。

 

最近では責任だけ増えて、給与はほとんど変わらない又は残業手当がつかないため給料が減るとされている管理職を目指さない人も多いようです。

 

2013年には退職金の減額時期が問題で年度途中の駆け込み退職が大きな話題となり、ニュースに取り上げられていましたね。

 

給与が少なくために生活するのが苦しくなり、仕方なく休日にアルバイトをしていたら発覚して処分を受けた若い公務員の人もいました。

 

公務員が不祥事を起こす度に公務員へ風当りは強くなります。

 

さらには将来的には公務員のリストラが行われる可能性だって十分にあります。

 

これでも将来性が高く安定した職業と言えるのでしょうか?

 

>>公務員向き不動産投資の勉強法はこちら<<

公務員の資産運用

公務員の悩み

 

仕事量は増えても、給与は下がる一方・・・

 

ここ数年で家族を養っている公務員の中には生活が苦しくなったと感じている人も多いのではないでしょうか?

 

預金では資産は増えません

 

世界でもトップクラスの超低金利と言えば日本です。

 

ローリスクで利息が1%以上の金融機関は日本にほとんど存在しないと感じています。

 

大抵の銀行では年利0.2%くらいではないでしょうか。

 

例えば金融機関に元本保証してもらえる上限1000万円を預金したとしても、年間わずか数千年程度の計算になります。

 

預金にもリスクはある

 

預金は「絶対安全」という人は多いですが、果たして本当にリスクが全くないと言えるのでしょうか?

 

例えばインフレになった場合です。

 

インフレとはお金の価値が下がり物価の値段が上昇することです。

 

インフレが加速すると、簡単に例えれば150円のジュースが300円出さないと買えなくなります。

 

ここで注目してもらいたいのはジュースの値段が上がったことではありません。

 

お金の価値が半分になったという点です。

 

お金が出回る量がそのままなのに物価だけ上がってしまうと、従来のお金の価値が下がってしまいます。

 

つまり毎年コツコツ貯金をして3000万円の預金を持っていたとしても、

 

インフレによって3000万円の半分の価値になってしまう可能性も無いとは言い切れないのです。

 

預金をしていれば絶対安心という考えはよくある勘違いなのです。

 

インフレに強い投資とは?

 

インフレ対策の投資として株式投資があります。

 

例えばアベノミクスによりインフレ目標を定めた2012年秋から2013年春にかけて日経平均株価は5年ぶりに15,000円を超えました。

 

東日本大震災後のデフレ真っ最中の日経平均株価の1.5倍以上の高値を付けたのです。


スポンサードリンク
 
 
<スポンサードリンク>



FX初心者におすすめ!

詳細はこちら



株初心者に大好評!

詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
ネット証券一覧(株式) FX業者一覧 不動産投資 投資信託 FX・株式ノウハウ 副業ランキング