副業で株式投資

公務員の株式投資

スポンサードリンク

公務員は株式投資禁止?

株で副業

 

株式投資は公務員でもできる副業の1つです。

 

もし、公務員の株式投資が禁止のようでしたら公務員には全ての資産運用が認められないことになります。

 

例えば、利息の付く預金、積立保険などの金融商品も禁止されるはずです。

 

実際に公務員が株で稼ぎすぎて問題になった例は聞いたことありません。

 

株式投資をすることは資産運用の1つと考えていただければよいと思います。

 

実際に公務員の方で株式投資でかなりの額を儲けている人を何人か知っていますが、処分を受けたことはもちろんありません。

 

たまに公務員でもセレブな生活をしている人がいますが、お金持ち公務員は大抵の場合、実家が資産家の場合と株式投資、FX、不動産投資などで投資関連で成功した人です。

 

公務員が勤務時間に取引して見つかれば、処分の対象になりますが、勤務時間以外で投資をする分には全く問題ありません。

 

最近の株取引のシステム技術なら自分がパソコンの前にいなくても売買の金額を設定することで自動売買も可能です。

 

東京証券取引所の市場の開いている時間が午前9時~午前11時半・午後12時半~15時までとなっていて公務員の勤務に時間と重なってしまい、

 

株は公務員には向いていないと思われているようですが、ネット証券を利用すれば株の買い注文も売り注文も24時間することができます。

 

公務員で一日に何度も取引するトレーダーを目指す人は株式投資よりFXの方が向いていると言えますが、

 

中期~長期で投資をしたいと考えているなら株式投資は公務員にとって魅力的な投資の1つと言えます。

 

公務員の投資のほとんどは普段働いているため、短期で売買するのは難しいのです。

 

1日に何度も取引するなら24時間取引できるFXで、中期~長期での投資を考えているなら株式投資と言ったところでしょうか。

 

初心者向きネット証券一覧へ進む

 

公務員副業へ戻る

公務員の株式投資記事一覧

ネット株初心者

株式投資とは?公務員の方でも手軽にできる副業として株式投資がありますが、株って何だろう?と思っている人も多いはずです。日本にある全ての会社が株式投資の対象となる訳ではありません。公務員の方が購入できる株は市場に上場している企業の株式に限ります。株の役割なぜ世の中に株が出回っているのか?疑問に思ってい...

≫続きを読む

 

株式市場の種類

市場の種類日本の株式取引をしている市場はいくつかあります。東京証券取引所通商「東証(とうしょう)」と呼ばれる東京証券取引所は日本最大規模の株式市場です。東京都中央区にある東証は1部、2部、マザーズに分かれます。この中で東証1部上場企業は日本のトップ企業と呼ばれ、世間から一流企業と認識されています。東...

≫続きを読む

 

会社を上場させるメリット

上場企業のメリット日本企業の中には株式公開(IPO)することを目標にしている会社も多くあります。「株式公開」と「上場する」は同義語と考えてください。株式公開することにどんなメリットがあるのでしょうか?誰でも株を買える今までは限られた人しか株を購入することが出来なかったのが、株式を公開することによって...

≫続きを読む

 

株主になる方法

株主とは?株主とは会社の株を保有している投資家のことを指します。一般の人は通常ですと上場している会社の株式を購入して株主になることができます。株を購入するためには証券会社で口座開設する必要があります。株主のメリット株を買うことによってメリットが無ければリスクを負って株を購入する人が居なくなってしまい...

≫続きを読む

 

株の購入方法

株を購入したいけど方法がわからない人は結構多いようです。株の購入する方法ネット証券に口座開設・資料請求公務員で株を購入する人がまず最初にしなくてはいけないことは証券会社に口座開設することです。ここで問題になるのは複数の証券会社を利用すべきか?ということです。投資家の多くは複数の証券会社の口座を持って...

≫続きを読む

 

株の注文方法

株を注文する方法は「成行(なりゆき)注文」と「指値(さしね)注文」の2つの方法があります。指値注文とは指値注文を簡単に説明すると、自分が指定した金額で約定することのできる注文方法です。例えば買いたい会社の株を1株100円で指値で買い注文を出した場合、100円より高くなったり、安く約定が成立することは...

≫続きを読む

 

株の稼ぎ方

公務員が副業で株式投資をとしておこなう場合で、株の稼ぎ方の種類を紹介します。売却益(キャピタルゲイン)で稼ぐ方法株の稼ぎ方の基本は安く買った株を高く売ることです。その差額で稼ぐ方法を売買益と言います。売買益をキャピタルゲインと呼ぶこともあります。株で稼ぐことは超シンプルなことなのです。単純に安く買っ...

≫続きを読む

 

株式のリスク

公務員が副業として株式投資を始めるリスク勤務時間の取引は処分対象公務員には職務専念義務があるため勤務時間内は自分の仕事に専念する必要があります。これは公務員に問わずサラリーマンにも言えることですね。そのため、公務員の勤務時間内での株取引が発覚する処分を受けることになりますので、絶対に避けてください。...

≫続きを読む

 

株価の見方

株価の見方ここでは株価に関わる用語の説明をしていきます。紹介する株用語は株価を見る時や分析する時に必要になってくる重要な用語になっています。また証券会社の売買画面でも頻出用語になりますので、覚えておきましょう!証券番号(コード)証券番号は銘柄の4ケタで割り振られた番号のことです。例えば東京電力の場合...

≫続きを読む

 

株式に必要な資金

株初心者の投資金額はじめて株を購入する時の資金ですが、株初心者の方で結構悩んでしまう人も多いようです。投資金額で気になるのは初めて株式投資の相場金額だったり、ワン株、プチ株、S株など少額投資から始めるべきなのか?考える人が多いようです。結論から言うと株式に必要な資金は人によって異なります。これは資金...

≫続きを読む

 

株を始める年齢

何歳から株を始めるべきか?株式はいろいろな世代で取引されている投資です。中学生から株式投資を始める人もいれば、70歳で投資を始めた人もいます。証券会社によっては未成年の株取引を認めていなかったり年齢に上限を設けている会社もありますが、株を始める条件を満たしていれば誰でも株を始めることができます。何で...

≫続きを読む

 

IPOの買い方

IPOって何?IPOとは新規で市場に上場する企業の銘柄のことです。IPOを日本語で新規公開株(銘柄)と言います。IPO株を購入するためにはIPO(新規公開株)を扱っている証券会社で口座開設する必要があります。意外とIPOを扱っていない証券会社も多いので注意してください。IPOの目的は新しく株式公開す...

≫続きを読む

 

ワン株・S株・プチ株

まず最初にミニ株について紹介します。ミニ株とは?ミニ株とは通常の単元で10分の1の株数から購入できるサービスです。例えば1株100円で単元100株の場合ですと最低購入金額は1万円となりますが、ミニ株では単元100株の10分の1の枚数で購入することができるため、単元10株から購入することができます。つ...

≫続きを読む

 

配当の受け取り方

配当金で不労所得?株を購入して一定期間株式を保有すると、企業は株主に投資してくれたお礼として利益の一部を還元します。これが株式投資で貰える配当になります。長期投資を向きな公務員の副業として配当を目当てで株を購入する人も多いようです。配当は全ての会社が投資家に渡す訳ではありません。法律でも配当は絶対に...

≫続きを読む

 

株主優待の受け取り方

株主優待で生活株を購入して一定期間株式を保有すると、企業は株主に投資してくれたお礼として利益の一部を還元します。これが株式投資で受け取ることのできる株主優待になります。株主優待の種類は様々で生活用品、食事券、施設の無料利用券など生活のほとんどに株主優待を利用している人も中にはいます。副業禁止の公務員...

≫続きを読む

 

銘柄の選び方

銘柄を選びの重要性公務員の方で株初心者の方は初めて投資先の銘柄を選ぶ時に悩む人もいると思います。銘柄を選ぶのは悩むほど大切なことです。なぜならその株に自分のお金を託すことになるのですから。損失を出すのも、利益を出すのも銘柄選びに掛かっています。銘柄の選び方知らない会社の株は買わない自分の知らない銘柄...

≫続きを読む

 

指標を使って会社を調べる

銘柄を調べる指標の種類会社を調べる主要指標は「PER」、「PBR」、「ROE」の3つになります。これらを使い分けることで会社を知ることができます。PER(株価収益率)PERは株価収益率と呼ぶこともあります。3つの主要指標で私が一番重要だと感じているがPERです。PERでわかることPERを利用すること...

≫続きを読む

 

株式の税金対策

結論から言うと株式投資では確定申告の必要がある人と確定申告をしなくて良い人がいます。それは株式投資には口座の種類が3つあるからです。公務員が株式投資の利益を職場に知られたくない場合公務員で株式投資をしていることを職場に内緒にしたい場合は確定申告の必要の無い、「特定口座(源泉徴収あり)を選択することを...

≫続きを読む

 

30代からの株式投資

30代で株を始める30代と言うと、同期との出世レースで差が出る時期の1つで、会社によっては部下を持ちだす年代になります。30代と40代は働き盛りと呼ばれていて、毎日忙しいと嘆く人が多いと言われています。そんな中仕事の一筋で会社に尽くすのもアリです。しかし、実際には給料だけでは生活に困る、又は余裕のあ...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



FX初心者におすすめ!

詳細はこちら



株初心者に大好評!

詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
ネット証券一覧(株式) FX業者一覧 不動産投資 投資信託 FX・株式ノウハウ 副業ランキング