作家・小説家

作家・小説家

スポンサードリンク

作家・小説家の兼業と公務員の副業について

作家・小説家と公務員を兼業・副業でするのはOKなのか?印税を受け取ったら法律違反になるのか?本の出版・コラムの原稿を書いてはいけないのか?

 

何度も言うようですが、公務員は原則として副業を禁止されています。ただし一定条件を満たしたり、一定の分野の業務であれば可能であるケースもあります。例えば農業、一定規模の不動産などが挙げられます。

 

今回のテーマは作家・小説家として現役公務員が兼業でその活動をしても大丈夫なのか?という問題についてです。

 

印税を受け取れば利益目的とされて職務専念義務違反にあたるのではないか?など現在、公務員・警察官・消防士・教員で作家・小説家を兼業している方でおびえている方は意外と多いのではないでしょうか?

 

当然、ベストセラーなど人気作家になれば公務員であることがバレる可能性は高いでしょう。週刊誌やメディアが見逃さないはずです。

 

実は公務員は小説家・作家になることは可能です。ただ著作活動でも副業にあたる可能性もありますので、念のため上司に相談をして許可を取ることをおすすめします。

 

小説家になるには

 

本・小説の出版など印税で暮らしていきたいと考えている方は多いのではないでしょうか?しかし、昔に比べると本離れが進んでいるため印税で莫大な収入を得ることは難しくなってきています。

 

現に小説家で年収1000万円以上を超えていると限られています。また、ほとんどの作家の場合ですと本の出版、さらには雑誌のコラムなどだけでは食べていけないケースが多く、他の仕事をしながら活動をしている方が多いのが特徴的です。簡単に言えば時間的には作家としての方が大半を占めるのですが、収入として他の仕事での給料が方が多いケースが多いのです。

 

作家になるには資格などは必要はなく、中卒、高卒など学歴関係なく目指すことができます。実際に大学在学中の人気作家なることも可能ですし、芥川賞、直木賞を受賞することも十分あり得るのです。

 

実際に有名人で言えば石原慎太郎元東京知事、カンブリアン宮殿でお馴染みの伝説の作家である村上龍さんは若くして頭角を表した有名作家の代表格です。

 

小説家のやりがい・魅力と言えば引きこもりで一見地味のような作業が多いように思えますが、大成功を収めれば世間が一挙に注目を集めることができる職業です。他の業界では味わえない快感が小説家にはあると言われています。例えばSF、恋愛、コメディー、ホラーなど様々なジャンルがありますが、人気が出ればドラマ・映画化されるケースも結構あります。自分の書いた作品を世間に公表することができ、楽しんでもらうことができるなんて最高の仕事ではないでしょうか?成功した時のことを考えればモチベーションがありますね。


スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



FX初心者におすすめ!

詳細はこちら



株初心者に大好評!

詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
ネット証券一覧(株式) FX業者一覧 不動産投資 投資信託 FX・株式ノウハウ 副業ランキング