公務員の不動産賃貸

公務員の不動産投資

スポンサードリンク

公務員の不動産投資禁止?

不動投資で副業

 

公務員は不動産投資を制限なくおこなうことはできません。

 

一定規模の不動産賃貸なら問題なく副業とすることができます。

 

問題なのは一定規模の不動産運営の基準だと思います。

 

おそらく公務員の方が不動産投資を行う上で最も関心があるのが、副業として処分の対象にならないか?ということだと思います。

 

公務員でも認められる不動産の一定基準とは?

 

人事院の規則を私なりの解釈すると・・・

 

独立家屋の数が5練以上

 

区画された部屋が10室以上

 

不動産投資をする際に2つの条件に当てはまってしまうと公務員の規則に反することなり、処分の対象になる可能性があります。

 

つまり、一般的な事業的規模の基準とほとんど同じ基準なのです。

 

一定規模の基準以下の不動産投資なら堂々とすることができます。もちろん申告は必要ありません。

 

また、不動産規模が一定の基準を超える不動産投資をしたい場合は任命権者の許可が必要となります。

 

もし不安要素があるならば、一度上司に不動産投資について相談してみると良いと思います。

 

実は多くの公務員が不動産を貸している?

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待

 

地方公務員の場合は遠距離の転勤は少ないですが国家公務員の場合ですと下は沖縄から上は北海道まで日本全国の転勤の可能性があります。

 

外務省などでは海外への転勤も当たり前です。

 

遠距離に転勤になった公務員ですでにマンションを購入している人は多くいるでしょう。

 

そこで誰も住まいのは勿体無いで不動産を他人に貸すわけです。

 

公務員だからと言って、不動産を貸すことができなかったら、安心して物件を購入することが出来なくなってしまいます。

 

実は不動産賃貸は当たり前のように公務員の方が行っている投資の1つなのです。

 

 

不動産投資の勉強法へ進む

 

公務員副業へ戻る

公務員の不動産投資記事一覧

不動産投資と株式・FX比較

不動産投資と株式・FXの違い不動産と株の2つの投資を比較してみました。不動産投資の副業メリット最低限の仕事をするだけで基本的に自由(業者に家賃回収など作業を任せることもできる)継続した安定収入が望める株やFXのように資産の増減が激しくないため、個人差はあるがストレスが少ない仕事をしている人でも空いて...

≫続きを読む

 

不動産投資の初心者

退職後の資産運用世の中には1億円以上の資産を持っている人は結構たくさんいます。しかし、そのほとんどがその大きな資産に合わない普通の暮らしをしています。なぜならその資産は使えばどんどん減ってしまうからです。定期預金に預けても年間数十万円程度にしかなりません。少し前の時代なら年利5%くらいありましたので...

≫続きを読む

 

不動産投資のリスク

投資には不動産投資に限らずリスクは常に付きまといます。逆に言うとリスクを覚悟した人で無いと理想の資産運用をすることは難しいのかもしれません。不動産(物件)所有のリスク流動性のリスク流動性のリスクとは物件が不要になった場合や急に現金が必要になった場合にすぐに売却してお金に変えることができないリスクのこ...

≫続きを読む

 

アパートとマンションの違い

アパートとマンションの違いを教えてください?このような質問を受けた時に的確に答えられる日本人はどのくらいいるだろうか?おそらく10%未満なのではないかと私は思います。アパートとマンションの違いをよく理解していなくても不動産投資で成功することは可能です。でも、あなたが一流投資家になって取材やインタビュ...

≫続きを読む

 

中古ワンルームマンション投資

中古ワンルームマンションのメリット最近、不動産投資の中で流行っているが中古マンション投資です。今回はその中でもワンルームに限定して注目していきます。中古ワンルームマンションの魅力通常数千万~からの投資になる不動産投資も中古ワンルームマンションなら数百万円で購入できる空室になりずらいため安定収入が望め...

≫続きを読む

 

不動産投資の銀行融資

レバレッジとはFX(外国為替証拠金取引)で頻繁に使われている言葉ですが、テコの原理のという意味です。不動産投資の場合は銀行融資を受けることなど少ない資金を基に大きなお金を動かすことをレバレッジと呼ぶことがあります。不動産購入は借入すべき?銀行融資を受けて不動産物件を購入するということは借金を負うこと...

≫続きを読む

 

不動産投資の利回り

利回りの種類利回りの種類には「表面利回り」、「「実質利回り」の2つの種類があります。ここでは利回りの知識について紹介します。表面利回り表面利回りとは家賃収入を物件の購入額が割ったものです。計算式家賃収入÷物件価格=表面利回り銀行融資の返済・金利、物件の維持管理費、固定資産税などは含まれていません。実...

≫続きを読む

 

不動産投資のリターン

不動産投資の基礎知識不動産屋の収入は物件をお客さんに売って数パーセントの手数料をもらって利益を出します。しかし、不動産で収入を得る方法は売買して儲けるだけに限られている訳ではなく、投資して運用益としてリターンを得ることもできます。不動産投資で重要なのはリターンを得ることです。つまり利益又は収入を得る...

≫続きを読む

 

不動産投資と株式投資の違い

不動産と株式の資産運用日本のバブル時代は不動産は買えば物価は上がり続け、株式は早く購入すればより大きな収入を得ることができるなど、今では考えらない迷信が数多く存在しました。現在は大きなお金を持っている資産家が効率の良い長期的な運用方法として、不動産や株式に投資している人が多く見られます。しかし、バブ...

≫続きを読む

 

不動産投資のキャッシュフロー

キャッシュフロー簡単キャッシュフローとは簡単に説明すると投資した資金によって生み出されるお金のことです。まずはお金について考えていきましょう。お金の誕生お金の存在している意味を考えたことのある人はいるでしょうか?昔は通貨ではなく、物と物を交換してほしい商品を手に入れていました。いわゆる、物々交換制度...

≫続きを読む

 

不動産で資産運用

資産を増やすには近年の日本の金融機関の低金利から資産運用に対しての関心が一層強くなりました。資産運用の方法は様々で代表的な投資と言えば、不動産投資、株式投資、投資信託、FX(外国為替証拠金取引)などがあります。これらの投資方法で資産運用をする目的は、インフレ対策やお金の有効活用です。一般的に投資は大...

≫続きを読む

 

アパート投資の失敗

アパート投資初心者の失敗原因アパート投資の失敗の原因を追及していきます。アパートを購入して資産運用してみたが経営が上手くいかない理由や原因などアパート投資の良くあるミスを紹介します。問題のある入居者アパート投資、特に中古物件でセミナーや勉強会などで、誰もが利回りが重要だと解説します。しかし、高利回り...

≫続きを読む

 

不動産投資ローン

投資用不動産の購入投資用のアパートやマンションなどで不動産投資する場合、物件購入するためにローンが必要になるケースが多いです。自己資金で足りない分はローンとして銀行などの金融機関からお金を借り入れるする訳です。不動産投資のローン審査ローンを組める金額はローンの審査を受ける投資家の社会的な地位などによ...

≫続きを読む

 

学生向け投資用物件のデメリット

学生入居者のデメリット学生向けの投資用不動産物件は狙い目などとセミナーや書籍で言われていますが、メリットだけでなく当然デメリットやリスクも存在します。不動産を購入する前に決めておきたいのは、入居してもらうターゲットを決めることです。若者、高齢者、大学生、家族、独身、男性、女性、年収などの対象をある程...

≫続きを読む

 

不動産管理

投資用物件の管理は誰がする?不動産投資は始めるには管理する人を決める必要があります。アパートやマンション経営の管理は専門の管理会社に頼む必要がある勘違いしている人もいますが、自分で不動産を管理する手もあります。多くの不動産投資の書籍で時間を節約する意味で不動産の管理は他人に任した方が良質な判断と書か...

≫続きを読む

 

不動産投資入居者募集

優良入居者の確保不動産投資で成功するために忘れてはいけないのが、問題を抱えている不良入居者を避けることです。問題を起こす人が不動産に住み着くとトラブルのリスクがあり、余分な仕事が増えるデメリットがあります。入居したい人を全員審査に通してしまうと、後々面倒なことにもなりかねません。ある程度は入居者を審...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



FX初心者におすすめ!

詳細はこちら



株初心者に大好評!

詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
ネット証券一覧(株式) FX業者一覧 不動産投資 投資信託 FX・株式ノウハウ 副業ランキング