公務員が投資信託で副業

公務員の投資信託

スポンサードリンク

公務員の投資信託禁止?

投資信託で副業

 

公務員でもできる副業として投資信託があります。

 

投資信託は公務員の副業禁止には当てはまりませんので、安心して始めることができます。

 

投資信託とは名前の通り、投資を信頼している人に託すものです。

 

株式投資と投資信託の違い

 

通常の株式投資の場合は、自分で銘柄を選んで、売買のタイミングも全て自分で決めます。

 

しかし、投資信託ではそれらを全て投資の専門家にお願いして資産運用してもらいます。

 

このため公務員など普段忙しい人でもほとんど勝手に資産を運用してくれるので、時間を使いたくない人の副業には適していると思います。

 

専門家は投資家から預かったお金で、「国内株式」、「外国株式」、「債権」、「国債」などの様々な金融商品に分散して運用していきます。

 

いろいろな人から集めたお金で専門家が資産を運用するため、自分の投資額が少額だとして効率の良い資産運用ができるのが投資信託の特徴です。

 

投資信託の類義としてファンドと呼ばれることもあります。

 

投資信託の仕組み

 

投資信託は投資家と3つの会社によって成り立っています。

 

投資家

 

お金をファンドに出資する人

 

証券会社会社

 

手続きや金融商品を販売するところ。

 

販売会社は主にネット証券(証券会社)となります。

 

銀行でも扱っていますが、手数料や手続きの簡易さを考えるとネット証券が便利です。

 

投資信託委託会社

 

実際に投資家から集めたお金で運用する専門家。

 

投資先、売買のタイミングなども彼が決めます。

 

受託銀行

 

投資家から集めたお金を常に1円残らず運用している訳ではありません。

 

受託銀行ではお金の管理をします。

 

万が一受託銀行が倒産することになっても心配はありません。

 

ファンドで使われている投資家のお金は別で区分されているため、

 

資産は保証される仕組みになっています。

 

投資信託に向いている人

 

投資信託は運用を専門家に任せる投資になります。

 

そのため実際に自分で取引する株式・FX・不動産に比べると知識がそれほどなくても資産を運用することができます。

 

そのため公務員の老後の資産運用や忙しくて勉強している暇がない公務員の副業としてチャレンジしている人多くいます。

 

>>投資信託ネット証券一覧<<

 

公務員副業へ戻る

公務員の投資信託記事一覧

投資信託の儲け方

投資信託の儲かる仕組み投資信託で儲けるには「値上がり益」と「分配」の2つの方法があります。値上がり益値上がり益とは運用されている株や債券など金融商品が価値が上がることで得ることができる利益のことです。簡単に説明すると、様々な金融商品の基準価値が購入時は10万円だったのが、基準価値が値上がり11万円に...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



FX初心者におすすめ!

詳細はこちら



株初心者に大好評!

詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
ネット証券一覧(株式) FX業者一覧 不動産投資 投資信託 FX・株式ノウハウ 副業ランキング