物件の借り手が見つからない

入居者の探し方

スポンサードリンク

不動産投資初心者の失敗パターンで多いのは、せっかく購入した不動産物件を借りてくれる人が見つからないというケースです。

 

まあ実を言うと入居を探すのはベテラン投資家でも苦労することですので、初心者の方が悩むのも当然のことだと思います。

 

友達や知り合いなどに片っ端から連絡して入居者を探すパターンもありますが、一般的には不動産会社に依頼して探してもらうことになります。

 

実は不動産会社にお願いする場合、3つの契約があります。

 

一般媒介の特徴

 

  1. 複数の不動産会社に依頼することが可能
  2.  

  3. 専任されていないことから必死に探してくれないケースもある
  4.  

  5. 他の不動産会社に依頼している場合、知らせなければいけない「明示型」と教えなくてもよい「非明示型」に分かれる
  6.  

  7. 自己発見取引可能
  8.  

  9. 登録は任意
  10.  

  11. 報告義務なし

専任媒介契約の特徴

  1. 1つ不動産会社に限定して依頼しなければいけない
  2.  

  3. 7日以内に登録
  4.  

  5. 2週間に1回報告義務
  6.  

  7. 自己発見取引可能

専属専任媒介契約の特徴

  1. 1つ不動産会社に限定して依頼しなければいけない
  2.  

  3. 5日以内に登録
  4.  

  5. 1週間に1回報告義務
  6.  

  7. 自己発見取引不可

 

*ちなみに自己発見取引とは物件の売主自ら入居者を探して取引することです。


スポンサードリンク

入居者の探し方関連ページ

100万円からの不動産投資
不動産投資は100万円から始めることができる?投資用物件の購入に必要な資金は100万円?おすすめ無料不動産情報サイトの紹介と裁判所で調べることのできる物件情報を紹介します。
競売物件のメリット
競売物件とは何?基礎知識とマメ知識を紹介します。競売物件のメリットやデメリット、さらには不動産入札のルールと注意点を説明します。
不動産の価格交渉
不動産投資の値段交渉の仕方とテクニック。ベテラン・初心者不動産投資家の違いや比較。物件を激安で購入するための技術と価格交渉テクニックを紹介します。
<スポンサードリンク>



FX初心者におすすめ!

詳細はこちら



株初心者に大好評!

詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
ネット証券一覧(株式) FX業者一覧 不動産投資 投資信託 FX・株式ノウハウ 副業ランキング