投資信託の稼ぐ仕組み

投資信託の儲け方

スポンサードリンク

投資信託の利益を出す仕組み

投資信託の儲かる仕組み

 

投資信託で儲けるには「値上がり益」と「分配」の2つの方法があります。

 

値上がり益

 

値上がり益とは運用されている株や債券など金融商品が価値が上がることで得ることができる利益のことです。

 

簡単に説明すると、様々な金融商品の基準価値が購入時は10万円だったのが、基準価値が値上がり11万円になったとします。

 

11万円になった時点で売ることができると、購入時の10万の差額の1万円(手数料等は含まない)を儲けることができます。

 

分配金

 

分配金とは投資家(客)から集めたお金で金融商品を運用します。

 

金融商品の配当や売却益で上手く利益を獲得した場合に、一部を投資家に還元するものです。

 

分配金を出す会社と分配金を出さない会社がありますが、どちらが良いということはありません。

 

分配金を出すとその分運用するお金が少なくなる訳ですから。

 

また投資信託の収益がマイナスでも元本を崩して分配金を出す場合もあります。

 

>>投資信託ネット証券一覧<<


スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



FX初心者におすすめ!

詳細はこちら



株初心者に大好評!

詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
ネット証券一覧(株式) FX業者一覧 不動産投資 投資信託 FX・株式ノウハウ 副業ランキング