株の注文仕方

株の注文方法

スポンサードリンク

株の注文の仕方

株を注文する方法は「成行(なりゆき)注文」と「指値(さしね)注文」の2つの方法があります。

 

指値注文とは

 

指値注文を簡単に説明すると、自分が指定した金額で約定することのできる注文方法です。

 

例えば買いたい会社の株を1株100円で指値で買い注文を出した場合、100円より高くなったり、安く約定が成立することはありません。

 

また株価が1株100円にならない限り永遠と約定が成立することはありません。

 

*約定とは株式などの売買が成立することです。

 

指値注文メリット

 

指値注文のメリットは自分の指定した金額意外で約定が成立することが無いため、

 

自分の望んでない価格で売買することを防ぐことができます。

 

また、1株100円で買った株が200円まで上昇した時などリスクを回避するために指値注文を使えば株価が下がった時に売ることができます。

 

150円で指値の売り注文を出しておけば激しい暴落相場にならない限り利益を確保することができます。

 

指値注文デメリット

 

指値注文のデメリットは注文に速攻性が無いことです。指定した金額にならなければ約定することが無いため、

 

株の買い時を逃してしまう可能性が高いです。

 

また株価の変動が激しい時など早く買いたい・売りたい場合に成行注文が優先されるため緊急の事態が起こった時に弱い注文方法です。

 

指値注文の使い道

 

特に株の売買を焦っていない場合は指値注文で自分の理想の価格を指定して注文を出すと良いでしょう。

 

指値注文を使えば自分が買いたい・売りたい価格でしか約定が成立しないため、納得のいく取引ができると思います。

 

成行注文とは

 

成行注文を簡単に説明すると、株の値段を指定しないで注文を出すのが成行注文です。

 

値段の指定しないということはいくらで買ったり売ったりできるか正確にはわかりません。

 

株価が200円のところで買い注文を出したのに210円で高く買うはめになったり、逆に190円で安く買えることもあります。

 

成行注文のメリット

 

成行注文は株価に関わらず注文を出すことができるため、素早く約定できる可能性が高いです。

 

さらに一般的に指値注文より成行注文の方が約定が優先されます。

 

成行注文のデメリット

 

成行注文の場合、値段を指定しないので、いくらで約定できるのか正確に予想することができません。

 

そのため株価の変動が激しい場合などは思いがけない金額で約定してしまう可能性があります。

 

例えば株価100時に成行注文を出したのに、短時間で株価が暴落した結果80円で約定が決まってしまったなんてことが起こることもあります。

 

成行注文の使い道

 

成行注文はスピードのある注文方法なので、

 

株価に上昇の影響を与えるニュースが報道されると株の買いが殺到することがあります。

 

企業の期待感を持てるニュースが報道された場合にできるだけ早く購入したい場合は成行注文がおすすめです。

 

基本的に指値注文より成行注文の方が優先されますので、「できるだけ早く買いたい・売りたい」時に成行注文は有効な注文方法です。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

株の購入方法へ戻る


スポンサードリンク

株の注文方法関連ページ

ネット株初心者
ネット株初心の公務員でもわかる、株の仕組み、株の役割、株式の誕生、投資家と会社の関係など株の基本知識を紹介します。
株式市場の種類
株式市場の種類を紹介します。東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引者のベンチャー向けの新興市場など各市場を詳しく説明します。
会社を上場させるメリット
会社を上場させるメリット。新規で株式公開すると、誰でも会社の株を買えるようになり、信頼性、資金調達が有利になることも。上場するデメリット、日本の一流企業で上場していない会社。
株主になる方法
公務員が株主になる方法。株主になるメリットには社会貢献、株主総会に出席、株主優待・配当の権利を得ることができます。
株の購入方法
株の購入方法。公務員が株を購入するには?証券口座開設、東証の株取引時間など株の買い方を紹介します。
株の稼ぎ方
株の稼ぎ方。公務員が副業の株式投資で稼ぐ方法、売却益、株初心者とプロのトレーダー、配当益など投資で稼ぐ方法を紹介します。
株式のリスク
公務員が副業として株式投資をするリスクを紹介します。公務員の勤務時間内の株取引、ストップ安のリスク、会社の倒産のリスクを紹介します。
株価の見方
株価の見方では株価に関わる用語の意味を解説していきます。現在値、始値、終値、高値、安値など株価の基本知識を紹介します。
株式に必要な資金
株式に必要な資金。株初心者の投資金額、最低限必要な資金、銘柄選びの注意点、初めての株式の相場金額など紹介します。
株を始める年齢
株を始める年齢は中学生、定年退職後など様々です。若手公務員の株取引や公務員退職後の資産運用で株式投資が選ばれる理由など紹介します。
IPOの買い方
IPO(新規公開株)の買い方・始め方。IPOとは?、IPO株を扱っている証券会社、IPOの当選確率を上げる方法、IPOの費用を紹介します。
ワン株・S株・プチ株
ワン株(マネックス証券)・S株(SBI証券)・プチ株(カブドットコム証券とミニ株の違いやサービス、メリット、デメリットなど注意点を紹介します。
配当の受け取り方
配当の受け取り方。公務員の副業として株式の配当を狙う、株式の配当で不労所得とは?権利確定日、権利付き最終日、権利落ち日など配当の権利を得る方法を紹介します。
株主優待の受け取り方
株主優待の受け取り方、株主優待券の権利を得る方法、優待券で生活している人がいます。業界や会社によって株主優待券の種類は豊富です。
銘柄の選び方
銘柄の選び方。理解のある会社の株、投資する期間、割安銘柄など投資先の銘柄選びの重要性を説明します。
指標を使って会社を調べる
指標を使って会社を調べる。PER、PBR、ROEの企業指標を使って企業を調べることができます。指標の計算方法、分かることを紹介します。
確定申告の必要の無い口座
公務員は株式投資をしている人で職場に知られたくない(ばれたくない)人のためにおすすめの口座選択を紹介します。株式の利益で生じる確定申告など税金対策を紹介します。
30代からの株式投資
30代の株式投資を始めるのは早い?遅い?資産運用・副業で株を始める30代が知っておくべきこと、最低でも必要な資金を紹介します。
<スポンサードリンク>



FX初心者におすすめ!

詳細はこちら



株初心者に大好評!

詳細はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ
ネット証券一覧(株式) FX業者一覧 不動産投資 投資信託 FX・株式ノウハウ 副業ランキング