スポンサードリンク

アパート経営の失敗例

アパート投資初心者の失敗原因

 

アパート投資の失敗の原因を追及していきます。

 

アパートを購入して資産運用してみたが経営が上手くいかない理由や原因などアパート投資の良くあるミスを紹介します。

 

問題のある入居者

 

アパート投資、特に中古物件でセミナーや勉強会などで、誰もが利回りが重要だと解説します。

 

しかし、高利回り物件を購入することが失敗の原因になることもあるのです。

 

多くのアパート経営初心者は物件を購入の検討をする時に、一番重要なのは利回りが高いことと思い込んでいます。

 

確かに利回りが高い物件の方が、投資した金額に対して大きな家賃収入を期待することができます。

 

しかし、利回りだけを見てしまうと大きな落とし穴にはまってしまいます。

 

例えば、元々物件に住んでいる人がルールを守らない問題のある入居である可能性も考えられます。

 

毎日、パトカーの来るようなアパートに継続して住みたい人はいないはずです。

 

今まで住んでいた入居者が引っ越してしまう可能性や新しい入居者が見つからないリスクも考えられます。

 

アパート経営を始める時に利回りだけを考えて購入してしまうと後々痛い目の失敗に合うこともあるのです。

 

満室が継続されるとは限らない

 

満室で高利回りのお得の物件を購入できて満足・・・

 

しかし、永遠と入居者が住んでくれるとは限りません。今は満室の超優良物件でも数年後は空室だらけのアパートになっているかもしれません。

 

満室の物件がいきなり空室になる原因として、近くに新築のアパートが建設されるなどが考えられます。

 

最初は不動産投資の家賃収入が絶好調でも、3年後、5年後には赤字物件になってしまっていることもあり得ます。

 

不動産投資の失敗

 

アパート経営など不動産投資で失敗する人の特徴は「自分は必ず失敗しない」と信じ込んでいる自信家の人が多いです。

 

自分の決断に失敗は無いと思い込んで周りの意見に耳を傾けない人は自分のミスに気が付かないのです。

 

また、大した覚悟無く不動産投資を始めてしまうと、入居者のトラブルなどによってうつ病やノイローザになってしまう人もいるようです。

 

近年、住民トラブルの件数が多くなっていますので、大家の仕事も増加傾向にあります。

 

あなたの経営しているアパートで殺人事件、自殺、家賃の不払いなどのトラブルになる可能性もあります。

 

また、毎日入居者からのクレームが殺到するかもしれません。不動産投資をするにはある程度の覚悟を持つ必要があるのです。

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待へ進む

 

不動産投資の勉強法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>