スポンサードリンク

物件投資のローンと自己資金

投資用不動産の購入

 

投資用のアパートやマンションなどで不動産投資する場合、物件購入するためにローンが必要になるケースが多いです。

 

自己資金で足りない分はローンとして銀行などの金融機関からお金を借り入れるする訳です。

 

不動産投資のローン審査

 

ローンを組める金額はローンの審査を受ける投資家の社会的な地位などによって変わってきます。

 

多くの銀行でローン査定をする際に見る項目をまとめてみました。

 

ローン審査のチェックリスト
  • 職業
  •  

  • 年齢
  •  

  • 勤続年数
  •  

  • 年収
  •  

  • 所有物件の数

 

不動産投資家として実績を証明できれば、多くローンを借りることができる可能性が高くなります。

 

また、金融機関の方針などによってローンの上限額は変わってきます。

 

ローンの打診

 

不動産投資をする場合にローンが必要になる場合は銀行にローンの打診に行くことになります。

 

出来るだけ、銀行マンの印象を良くするために不動産投資のプランや利回りの概算を計算しておきましょう。

 

相手が納得できる成功プランを作ることが大切です。

 

自分の不動産投資への熱意や本気を見せれば、ローン交渉も有利に進むこともあります。

 

出来るだけのことはしましょう。

 

ローン審査の難易度

 

ローンの審査の難易度は銀行によって異なります。

 

一般的な傾向で言うと、審査の緩い金融機関は金利が高く、審査の厳しい銀行は金利が低い傾向があります。

 

金利の交渉も不動産投資家としての腕の見せ所です。

 

不動産投資に必要な自己資金

 

不動産投資をするための物件購入費用はいくら必要だとか、物件価格の何パーセント必要なのか?知りたい不動産投資家が多いようですが、自己資金とローンの比率に正解はありません。

 

明確な目安などは無いので、自分の不動産投資プランに合わせて決めることが大切です。

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待へ進む

 

不動産投資の勉強法へ戻る

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>