スポンサードリンク

不動産投資の物件の管理

投資用物件の管理は誰がする?

 

不動産投資は始めるには管理する人を決める必要があります。

 

アパートやマンション経営の管理は専門の管理会社に頼む必要がある勘違いしている人もいますが、自分で不動産を管理する手もあります。

 

多くの不動産投資の書籍で時間を節約する意味で不動産の管理は他人に任した方が良質な判断と書かれています。

 

しかし、実際に自分が直接不動産を管理することで学べることも多いですし、気が付くこともあります。

 

最初の不動産投資は自分で管理に挑戦してみることをおすすめします。

 

サラリーマンが自分で物件を管理するのは無理?

 

サラリーマンや公務員の働く方は副業として不動産投資をしていますので、本業が忙しくて管理をしている余裕はないとおっしゃる方も多いです。

 

実際には不動産を自分で管理することはそれほど難しいことではなく、時間もあまり取られません。

 

サラリーマンや公務員の方でも働きながら自分で不動産を管理している人はたくさんいます。

 

不動産の管理を専門業者に頼むデメリット

 

自分で不動産管理をすることができない人は専門の管理会社に頼むことになります。

 

もちろん管理会社もビジネスですので、ボランティアで不動産を管理してくれる訳ではありません。

 

賃料の数パーセント程度を管理手数料として支払う必要があります。

 

意外と管理手数料がバカにならないものです。

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待へ進む

 

不動産投資の勉強法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>