スポンサードリンク

入居者選び

優良入居者の確保

 

不動産投資で成功するために忘れてはいけないのが、問題を抱えている不良入居者を避けることです。

 

問題を起こす人が不動産に住み着くとトラブルのリスクがあり、余分な仕事が増えるデメリットがあります。

 

入居したい人を全員審査に通してしまうと、後々面倒なことにもなりかねません。

 

ある程度は入居者を審査することをおすすめします。

 

入居者の審査

 

優良な入居者を集めることができれば、不動産の管理の手間が少なくなるメリットがあります。

 

時間の節約にもなり、質の良い入居者を確保することは不動産投資に成功する条件でもあります。

 

審査のポイントをいくつか紹介します。

  • 勤務先
  •  

  • 収入の安定
  •  

  • 保証人の質
  •  

  • 人柄

 

特に保証人を父親にすることがポイントになります。親子関係がきちんとできている人は私生活をしっかりしている人が多いで、信用できます。

 

出来るだけ保証人を父親にしましょう。

 

敷金礼金

 

最近では敷金礼金が無料でさらには仲介手数料も無料にしている物件も多くなってきました。

 

実際には賃料に上乗せしているケースが多いので、どちらが得かと言われれば微妙なところです。

 

敷金礼金は貰うべきか?

 

私の個人的な意見で言えば敷金礼金は支払ってもらうべきです。

 

なぜなら敷金礼金程度のお金を払えない入居者は、お金を持っていない証拠で家賃を滞納するリスクが高いからです。

 

投資用物件の入居者募集

 

不動産投資をはじめて、入居者を素早く確保するためには入居者の募集を複数の仲介者にお願いする方法がおすすめです。

 

複数の不動産仲介会社に物件の紹介する場合の注意点として、1つの不動産仲介会社と仲良くなったからと言って優遇しないことです。

 

全ての会社に平等の条件を提案しましょう。不動産仲介者は知らないところで情報を交換していることが多いのです。

 

1つの会社を優遇していることを他の会社に知られれば悪い印象を与えることになります。

 

仲介会社に悪い印象をもたれてしまえば、良い物件として紹介してもらえなくなります。

 

逆に良い印象を与えることができれば「お客さん、この物件はおすすめですよ!」などと紹介してくれるかもしれません。

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待へ進む

 

不動産投資の勉強法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>