スポンサードリンク

競売物件って耳にしたことあるけど、一体なんだろう?と思っている人も多いと思います。

 

競売物件とは以前の物件所有者がローンの支払いを滞ってしまったことなど様々な原因で差し押さえられてしまった物件のことです。

 

その、差し押さえられた物件を地方裁判所が入札します。入札ですので、裁判所が自由に売る訳ではなく、一番高い値段で落札した人に売却することになります。

 

競売物件のメリットは通常の市場価格に比べて安く買えることが多いことです。平均的に相場価格より3割程度安いことが多くお得な物件なのです。

 

以前は一般の人で競売物件に手を出す方は少なく、ほとんど不動産会社に落札されていました。

 

しかし、近年一般の方で投資目的などビジネス目的ではなく、純粋にマイホームとして購入する人が多くなってきているのです。中古や縁起などを気にしない人にとって競売物件はメリットが多いのです。

 

逆に競売物件を購入するデメリットは入札で売却金額で決まることから、場合によっては市場水準の価格で買えるかどうか分からないということです。

 

状況によって想像よりも高い値段に吊り上る可能性も考えられます。また、現金購入が基本となっていることも覚えておきましょう。

 

また、競売物件を購入するということは、悪く言えばケースによって現在住んでいる人を追い出すことになります。時には利益を追求して心を鬼にする覚悟も必要になるかもしれません。

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>