スポンサードリンク

投資家の年齢層

何歳から株を始めるべきか?

 

株式はいろいろな世代で取引されている投資です。

 

中学生から株式投資を始める人もいれば、70歳で投資を始めた人もいます。

 

証券会社によっては未成年の株取引を認めていなかったり年齢に上限を設けている会社もありますが、

 

株を始める条件を満たしていれば誰でも株を始めることができます。

 

何でもそうですが、経験年数は長ければ長いほど良いです。

 

経験年数が少ない方が、有利な投資など聞いたことはありません。

 

未成年で口座開設できる証券会社には「マネックス証券」などがあります。

 

若手公務員の株取引

 

高卒でストレートで公務員に就職した人は18歳、19歳の未成年ですが株式投資を始めることは可能です。

 

銀行の預金と一緒の考えで、特に職場に申告する必要もありません。

 

株式投資に若いから不利ということはありませんし、社会経験を積んだ大人が有利ということもありません。

 

私の知っている当時19歳の公務員の人は株で稼ぎすぎて、職場で一番年収が高いと自慢していた人がいました。

 

詳しい金額はわかりませんが、推測すると1000万以上稼いでいたのではないか?と思います。

 

このようにリスクは伴いますが、若手でも成功を収める夢があるのが投資のメリットです。

 

公務員退職後の資産運用

 

公務員の退職後の株式投資は老後のインフレ対策による資産運用として人気があります。

 

公務員退職後の不安要素はインフレによる日本円の価値下落だと思います。

 

今まで貯蓄で貯えてきたお金の価値がインフレによって半減になる可能性は十分あります。

 

退職後に本格的に株式投資を始める公務員は多いようです。

 

>>公務員向きネット証券一覧はこちら<<

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

株式に必要な資金へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>