スポンサードリンク

IPOの始め方

IPOって何?

 

IPOとは新規で市場に上場する企業の銘柄のことです。

 

IPOを日本語で新規公開株(銘柄)と言います。

 

IPO株を購入するためにはIPO(新規公開株)を扱っている証券会社で口座開設する必要があります。

 

意外とIPOを扱っていない証券会社も多いので注意してください。

 

IPOの目的は新しく株式公開する前に経営幹部が保有している株式の一部で新しく発行する株を一般の投資に買ってもらうことです。

 

ここでのIPO銘柄の価格を公募価格と言います。

 

新規公開株は全員が購入できるとは限りません。

 

IPO株の割り当ては株数は決まっていてIPOに応募する人が多いと抽選で株を買う権利を得ることになります。

 

IPOの銘柄を獲得するのは非常に難しいと言われています。

 

新しく上場する企業の株は上場後の初値で公募時の価格を超える確率が高いと言われていて、非常に人気があるため多くの投資家がIPOに挑戦するためです。

 

上場後の初値で公募価格の2倍以上の値段が付いても珍しくありません。3、4倍になる銘柄も多いです。

 

だた、確実に上場後の株価が公募価格を上回るとは言い切れません。

 

もちろん損失を出す可能性もあり得ます。

 

IPOの当選確率を上げるには?

 

IPOの抽選は1つの証券会社に付き1回受けることができるため、単純に証券口座をたくさん開設している人は有利です。

 

ただ証券会社によってIPOの割り当てが無い会社もありますので、IPOの当選確率を上げるならIPOを扱っている証券会社に口座開設数を増やすことです。

 

IPOの割り当てはコンピューターによって平等に決まることが多く、一般の投資家でもIPO株を抽選で当てるチャンスはあります。

 

>>IPO株を扱っている証券会社を探す<<

 

IPOの抽選を受ける費用

 

IPOの抽選を受けること事態は無料です。

 

挑戦するだけならタダなので、誰でも気軽に申し込むことができます。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

株を始める年齢へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>