スポンサードリンク

ミニ株って何?

まず最初にミニ株について紹介します。

 

ミニ株とは?

 

ミニ株とは通常の単元で10分の1の株数から購入できるサービスです。

 

例えば1株100円で単元100株の場合ですと最低購入金額は1万円となりますが、ミニ株では単元100株の10分の1の枚数で購入することができるため、

 

単元10株から購入することができます。つまり1000円で始めることができるようになるのです。

 

依然はマネックス証券など大手の証券会社も扱っていたサービスでしたが、時代の変化から次々に廃止されています。

ワン株・S株・プチ株とは?

証券会社独自のサービス

 

ワン株・S株・プチ株は各証券会社の独自のサービスです。

 

ワン株はマネックス証券のサービスです。

 

S株はSBI証券のサービスです。

 

プチ株はカブドットコム証券のサービスです。

 

3つサービスは多少違いはありますが、ほとんど共通しています。

 

ワン株・S株・プチ株の特徴

 

単元数に関係なく株を購入することができる

 

例えば1株1000円の株で単元1000株単位の場合だと、通常の現物取引の場合は最低購入金額が100万円になります。

 

しかしワン株・S株・プチ株の場合ですと1単元単位で株を購入することができるため、最低購入金額は驚きの1000円となります。

 

ミニ株とS株の違い

 

ミニ株の場合は単元の10分の1からと決まっていますが、S株などでは単元に関係なく株を購入することができます。

 

さらにミニ株は1日に1回しか取引することができませんが、S株などでは1日に2回まで取引することができます。

 

ワン株・S株・プチ株の注意点

 

ワン株などは通常の現物取引とルールが異なります。

 

約定の時間が決められている

 

各証券会社によって取引時間が異なりますが、通常の現物取引に比べて時間帯が限定されます。

 

指値注文が出来ない

 

つまり成行注文でしか注文することができません。

 

ワン株・S株・プチ株のメリット

 

今まで買うことができなかった銘柄でもサービスの利用すること少額での購入が可能になります。

 

少ない資金でいろいろな銘柄の株を買うことができるため分散投資をしたい人には適したサービスと言えます。

 

まだ株初心者で不安の人やコツコツ積み立てて投資したい人にはおすすめです!

 

公務員ができる副業投資の中ではローリスク・ローリターンの投資です。

 

ワン株・S株・プチ株を始める

ワン株→マネックス証券

 

S株→SBI証券

 

プチ株→カブドットコム証券

 

>>初心者向きネット証券一覧はこちら<<

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

IPOの買い方へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>