スポンサードリンク

配当って何?

配当金で不労所得?

 

株を購入して一定期間株式を保有すると、企業は株主に投資してくれたお礼として利益の一部を還元します。

 

これが株式投資で貰える配当になります。長期投資を向きな公務員の副業として配当を目当てで株を購入する人も多いようです。

 

配当は全ての会社が投資家に渡す訳ではありません。

 

法律でも配当は絶対に渡さなくてはいけないものだと決まっていません。

 

注意が必要なのは業績悪化など様々なことが原因で配当を取りやめる会社があることです。

 

そのため長期的に配当利益を狙ってもある日突然配当が無くなるリスクはあります。

 

配当を受け取るには?

 

配当を受け取るために覚えてもらいたい用語を3つ説明します。

 

権利確定日

 

配当の受け取る権利が確定する日

 

権利付き最終日

 

配当は権利確定日の3営業日前に購入しないと権利を受け取ることができません。

 

権利付き最終日とは権利確定日の3営業前を指します。

 

簡単に言うと権利付き最終日まで株を保有しないと配当を受け取ることができないということです。

 

権利落ち日

 

権利付き最終日の翌日のことです。

 

配当を得る条件

 

権利付き最終日から権利落ち日にかけて株を保有していると配当を得ることができます。

 

権利落ち日には配当の権利が確定した人の大量の売りが入る可能性があります。

 

権利確定日は銘柄によって異なりますので確認が必要になります。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

ワン株・S株・プチ株へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>