スポンサードリンク

東証・大証・名証

市場の種類

 

日本の株式取引をしている市場はいくつかあります。

 

東京証券取引所

 

通商「東証(とうしょう)」と呼ばれる東京証券取引所は日本最大規模の株式市場です。

 

東京都中央区にある東証は1部、2部、マザーズに分かれます。

 

この中で東証1部上場企業は日本のトップ企業と呼ばれ、世間から一流企業と認識されています。

 

東証2部についても大企業を中心とした市場になっていて、

 

東証マザーズはベンチャー企業(新興企業)が上場する市場になっています。

 

日本の株式取引のほとんどが東京証券取引所で行われています。

 

大阪証券取引所

 

通商「大証(だいしょう)」と呼ばれるのが大阪証券取引所です。

 

大阪府大阪市の北浜に設置されている大証は1部、2部、ジャスダック、日経225先物の4つの市場に分かれます。

 

現物の取引時間(立ち合い時間)が東証と多少異なりますので注意が必要です。

 

前場 9:00~11:30

 

後場 12:00~15:10

 

名古屋証券取引所

 

通商「名証(めいしょう)」と呼ばれるの名古屋証券取引所です。

 

愛知県名古屋市中区に設置されている名証は1部、2部、ナスダックスの市場に分かれます。

 

現物の取引時間(立ち合い時間)が東証と多少異なりますので注意が必要です。

 

前場 9:00~11:30

 

後場 12:30~15:30

 

新興市場(ベンチャー企業向け)

 

新興市場とは新しい分野で活躍する将来性のあるベンチャー企業のために設けられた市場となります。

 

日本におけるベンチャー向けの新興市場は東証のマザーズ、大証のジャスダック、名証のナスダックスの3つになります。

 

1部や2部に比べて上場審査がやさしいと言われています。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

ネット株初心者へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>