スポンサードリンク

FX(外国為替証拠金取引)

FXの歴史

 

FXを外国為替証拠金取引と呼ぶこともあります。

 

実はFXは外国為替証拠金を略した言葉になります。

 

外為法が改正された1998年からFX取引に個人投資家が少しずつ参入してきました。

 

しかし、当時はFX取引を知っている人が少なく個人が参加しやす環境とは言えませんでした。

 

2005年にFX業者の金融先物登録が義務付けられ、登録をされなければ業者は営業活動を行うことはできないようになりました。

 

それにより、投資家をカモにする「悪徳業者」は一気に激減しました。

 

個人投資家も徐々にFXは危険という認識が薄れ、参入者も2005年から現在にかけて急増しました。

 

FXとは?

 

FXは海外の通貨を売買して差額を利益として得る取引です。

 

例えば1ドル=100円の時に100万円で1万ドル購入します。

 

その後為替相場の変動によって1ドル=101円になりました。

 

ここで購入した1万ドルを101万円に交換することで差額1万円を利益として得ることができます。

 

つまりFXとは2つの異なる国の通貨を売買して為替レートの変動による差額で利益を出す取引です。

 

*為替レートとは日本円と海外の通貨を取引する時の価格になります。例:1ドル=100円

 

為替レートの変動とは1ドル=100円から1ドル=101円など通貨の価値が変動することです。

 

日本の低金利を利用する

 

FXは通貨の金利差によって金利を得ることができる取引です。

 

例えば日本の金利が0.2%の場合で豪ドルの金利が5%だとします。

 

この場合、円で豪ドルを購入することで互いの通貨の金利差である4.8%の金利を得ることができます。

 

もちろん通貨を手放さない限り金利は発生します。

 

そのためFX取引を行っている人では、あえて為替の変動による利益を狙わないで金利を目的にしている人も大勢います。

 

中には通貨の金利差による利益で不労所得を得ている人もいるくらいです。

 

資金の少ない若者でも大丈夫

 

株式現物取引の場合は投資する金額以上に資金を運用することはできません。

 

しかしFXでは自分の持っている資金の最大25倍まで運用することができます。

 

つまり4万円持っていれば100万円分の取引ができます。

 

さらに言うと400万円持っていれば1億円分の取引だってできてしまうのですから驚きです。

 

そのためFXは資金不足の人でも大きな金額で運用することのできる投資なのです。

 

>>FX業者一覧はこちら<<

 

スワップポイントで副業へ進む

 

公務員のFXへ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>