スポンサードリンク

公務員がスワップポイントで不労所得?

副業で金利を得る

 

FXの魅力の1つとしてスワップポイントがあります。

 

スワップポイントとは取引する2つ通貨の金利差で得ることができる利益のことです。

 

例えば日本円=金利0.2%、豪ドル=金利5%のケースで考えます。

 

この場合、金利0.2%の円で金利5%の豪ドルを買うと金利差の4.8%を金利として得ることができます。

 

通貨を保有している限り金利は発生します。そのためスワップポイントを狙ってFX取引をしている人も多いようです。

 

私の知り合いの公務員の方でも副業としてスワップポイントで利益を出している人はいます。

 

スワップポイントは長期投資向き?

 

スワップポイントは利用の仕方次第では為替レートの変動で利益を狙うよりも稼ぐことができます。

 

FXでスワップポイントを活かすためには長期で通貨を保有することが大切になります。

 

なぜならスワップポイントは一般的に1日毎に付くので、より長い期間保有すればそれだけ大きな利益を望むことができます。

 

基本的にスワップポイントの利益は自動で得ることができるため、受け取るための手続き等は不要です。

 

そのため単純に言うと毎日寝ているだけでも自然にお金を稼ぐこともできるということです。

 

FXで不労所得を目指す人は、公務員、サラリーマン、フリーター、定年退職者など大勢います。

 

スワップポイントを狙った投資をするなら長期的な視点で為替相場を見ると良いでしょう。

 

>>FX業者一覧はこちら<<

 

スワップポイントの注意点

 

実はスワップポイントは金利差により金利を得ることもあれば金利を支払わなければいけないケースもあります。

 

例えば金利の低い通貨で金利の高いを買うとその金利差をスワップポイントを得ることができますが、

 

逆に金利の高い通貨で金利の低い通貨を買うとその金利差を支払う義務が生じます。

 

このルールを知らないと知らぬ間に損失を出してしまう可能性があります。

 

もちろんこの場合も毎日にスワップポイントを支払うことになるので長期で保有すればそれだけ大きな損失になります。

 

>>FX成功者ノウハウはこちら<<

 

 

 

レバレッジで大きく稼ぐ方法へ進む

 

FX初心者へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>