スポンサードリンク

副業でレバレッジを使ったFX取引

レバレッジとは?

 

FX(外国為替証拠金取引)では文字通り証拠金を元に持っているお金の数倍~何十倍の取引をすることができます。

 

このような小さな資金で大きな金額を運用できる仕組みを「レバレッジ」と言います。

 

レバレッジの魅力

 

レバレッジを利用すれば資金が少ない人でも大きなお金を動かすことができるため、

 

資金不足の若者から資金が豊富な定年退職者まで幅広い世代にレバレッジは利用されています。

 

例えば1ドル=100円のドルを20万円で2千ドル購入したとします。

 

この場合、為替レートが1円変動して1ドル=101円になって売却すれば2000円の利益になります。

 

しかしレバレッジの上限である25倍で資金を運営すれば・・・

 

20万円×25=500万円の資金を運営することが可能になります。

 

全く同じ為替レートで1ドル=100円のドルを500万円で5万ドル購入したとします。

 

為替レートが1円変動して1ドル=101円なって売却すれば5万円の利益を得ることができます。

 

レバレッジを利用することで為替レートの変動によって稼げる幅が大きく広がるのです。

 

さらに保証金の額を増やすことでより大きな金額を動かすことができます。

 

レバレッジを使って大きな資金を動かすことになると、1円未満の為替レートの変動でも大きな差益を得ることができるのです。

 

そのためFX取引はある程度資金を持っている人も資金の少ない人の両者ともに対応していると言えます。

 

レバレッジのリスク

 

レバレッジを使えば大きなリターンが望めますが、その分大きなリスクが伴うことを覚えておいてください。

 

例えば2つの国の通貨の為替レートが1円変動しただけで10万円の差益を得られるということは、

 

1円動いただけで10万円の差損を出すこともあると言うことです。

 

レバレッジを使うことで稼げる幅は大きく広がりますが、その分損失金額の幅も大きくなるということです。

 

基本的に投資はリターンとリスクがある程度比例するようにできていますので、大きなリターンを得る可能性がある投資には裏があると考えた方が良いでしょう。

 

>>FX成功者ノウハウはこちら<<

 

 

 

FXと株の違いへ進む

 

スワップポイントで副業へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>