スポンサードリンク

FXと外貨預金を比較

FXは少ない資金で取引できる

 

外貨預金の場合だとレバレッジを利用することができないため、

 

1ドル=100円の為替レートのケースだと1万ドル買うためには100万が必要になります。

 

しかし、FXでは証拠金を担保にレバレッジすることができるため元金が4万円でも25倍のレバレッジをかけることで、

 

同じく1万ドル購入することができます。

 

外貨預金ではある程度のお金が必要になりますが、FX取引では少ない資金から始めることができます。

 

FXは手数料が安い

 

外貨預金は手数料が高く、FX取引は手数料が安いことが一般的です。

 

大体外貨預金の手数料の10分の1以下の手数料ででFXは取引することができます。

 

FXは24時間決済できる

 

外貨預金は日本の銀行と同様、営業時間内でしか取引することができません。

 

しかし、FX取引では平日なら24時間どこかしらの市場が開いているため取引することができます。

 

売りから入れる

 

外貨預金の場合ですと、円を売って他国の通貨を買う(交換)のが基本です。

 

FX取引では他国の通貨を売りからから入ることが可能です。

 

買いからも売りからも入ることができるがFX(外国為替証拠金取引)の魅力の1つでもあります。

 

FXには解約のリスクが無い

 

外貨預金の場合ですと、最低何ヶ月間は解約できないリスクが伴うことがほとんどですが、

 

FX取引には解約出来ないリスクは生じません。

 

>>初心者向きFX業者一覧はこちら<<

 

FXの注文方法へ進む

 

FXの稼ぐ方法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>