スポンサードリンク

FX取引の注文仕方

FXの注文種類

 

FXは注文方法がたくさんあります。

 

しかし、まずは基本の注文方法を覚えることが大切です。

 

FXで頻繁に利用される注文方法は「成行注文」、「指値注文」、「逆指値注文」です。

 

これを正確に理解しておかないと思いがけないトラブルに発展する可能性がありますので、必ず知っておく必要があります。

 

成行注文とは?

 

成行注文を簡単に説明すると、為替レートを指定しないで注文を出すのが成行注文です。

 

為替レートを指定しないということはいくらで買ったり売ったりできるか正確にはわかりません。

 

現在の為替レートが1ドル=100円のところでドルの買い注文を出したのに101円で円安で買うことになったり、逆に99円の円高で買えることもあります。

 

指値注文とは?

 

指値注文を簡単に説明すると、自分が指定した為替レートで決済することのできる注文方法です。

 

例えば買いから入る場合は1ドル=100円のドルが1ドル=90円になったら買うように注文を出すことができます。

 

逆指値とは?

 

普通の指値注文では買いから入る場合は円高になったら購入するように指定して注文を出しますが、

 

逆指値はそれの真逆の注文方法になります。

 

逆指値注文を使う時は買いから入る場合で円安になったら購入するように指定します。

 

指値注文と真逆の注文方法なので「逆指値」と言います。

 

逆指値注文の使い道は?

 

逆指値注文は一見すると使い道の無い注文に見えますが、実はベテランFXトレーダーは頻繁に逆指値注文を利用しています。

 

有効な使い道の例を1つ挙げると・・・

 

1ドル=100円で100万円と1万ドルを交換しました。

 

1週間後・・・

 

1ドル=102円で1週間前に比べて円安になりました。

 

ここで登場するのが指値注文です。

 

1ドル=101円にレートが下がったところに1万ドルと101万円を交換する指値注文を出しておけば、

 

大幅な為替レートの変動が無い限りは1万円の利益を確保することができます。

 

このように利益の確保や損失の限定を目的に逆指値注文を利用する人が多いです。

 

FXの自動売買とは?へ進む

 

FXと外貨預金の違いへ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>