スポンサードリンク

上場企業のメリット・デメリット

上場企業のメリット

 

日本企業の中には株式公開(IPO)することを目標にしている会社も多くあります。

 

「株式公開」と「上場する」は同義語と考えてください。

 

株式公開することにどんなメリットがあるのでしょうか?

 

誰でも株を買える

 

今までは限られた人しか株を購入することが出来なかったのが、株式を公開することによって誰でも自由に株を買ったり、売ったりすることができます。

 

限定されること無く多くの人に株式を買ってもらうことができます。

 

資金調達に有利

 

会社を上場することで誰でも株式を購入することができるようになるため、必然的に上場前に比べて資金調達が簡単にできるようになります。

 

株を買ってもらうことは借金をするとは全く違います。投資してもらったお金に返済義務はありません。

 

信頼性得ることができる

 

会社を上場させるためには一定の基準をクリアする必要があります。

 

上場基準を制定して審査するのは基本的に証券取引所の各市場の担当者となります。

 

基準をクリアして上場するにはそれなりの優良企業である必要があるので上場企業は社会から信頼を得やすいのです。

 

上場市場によって難易度が異なります。

 

東京証券取引所の市場の場合は難易度が高い順に東証1部→東証2部→東証マザーズとなります。

 

難易度の高い市場で上場することによってより大きな社会的信頼を得ることができるのです。

 

例えば東証1部に上場している会社には「トヨタ自動車」、「ソニー」など日本を代表する会社が約2000社あります。

 

上場して社会の信頼を得た会社は「能力の高い人材の確保」、「社員のやる気が上がる」、「開発した商品の信頼度が増す」、「銀行の融資が通りやすい・金利を下げてもらえる可能性がある」など上場することで様々なメリットがあります。

 

上場企業のデメリット

 

これだけ上場することによってメリットがあるのにあえて上場しない有名企業もたくさんあります。

 

日本の非上場有名企業

 

主な日本の上場していない一流企業はサントリー、佐川急便、ロッテ、朝日新聞などになります。

 

世界の非上場有名企業

 

日本でも高級時計で有名な「ロレックス」や世界中の子供から大人まで愛されているおもちゃで有名な「レゴ」は実は上場していません。

 

上場すると会社を乗っ取られる可能性がある

 

株式公開をすると誰でも株を買うことができるようになるため、

 

会社経営者の株保有率を少なくしてしまうと敵対している企業に会社を買収されてしまう可能性があります。

 

理想の経営が出来ない

 

上場して株を買ってもらうということは経営権の一部を売るということになります。

 

そのため株主に事業内容などを口出しされてしまうこともあるようです。

 

投資家はリスクを負って会社に資金を提供している訳ですから、なんとしても会社に頑張ってもらう必要があります。

 

投資家からのプレッシャーや過激な要求に耐えきれず「うつ病」や「ノイローザ」になってしまう経営者もいるようです。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

株式市場の種類へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>