スポンサードリンク

投資期間を決める

FXの投資スタイル

 

FXは人によって投資期間が異なるのが普通です。

 

ここではFXの投資期間やスタイルについて紹介します。

 

スキャル(レバレッジ派)

 

スキャルは超短期トレードと呼ばれていて、秒単位で取引することです。

 

数秒単位での売買なので為替の変動はわずかです。そのためスキャルタイプの人は少しのレートの変動で利益を得ることができるように、大きな金額を運用する人が多いです。

 

常にパソコンと格闘状態になるため凄まじい集中力が必要になってきます。

 

さらに情報収集が素早くできるように環境作りにも力を入れる人が多いようです。

 

スキャルで取引する人多くは専業のFXトレーダーです。

 

デイトレ(レバレッジ)

 

デイトレの取引は数分~長くても1日以内に取引を繰り返します。

 

公務員やサラリーマンの副業でこのタイプの投資をする人は結構います。

 

スキャルに比べると為替レートの変動の幅があるがやはり、デイトレの場合もレートは小さい動きになるでしょう。

 

そのためある程度の資金が無いと利益を掴むのは難しいと言えます。

 

スイング(スワップorレバレッジ

 

スイングの取引は1ヶ月~1年程度の感覚で売買を繰り返します。

 

期間で言うと中期投資になります。

 

期間がある程度長いため為替レートが大きく変動する可能性もあります。

 

スキャルやデイトレに比べると投資感覚にゆとりがあるため、スイングは公務員やサラリーマンで趣味感覚の副業としている人が多いようです。

 

FX長期投資(スワップ派)

 

年単位の取引をすることを長期投資と言います。

 

FXで長期投資をしているほとんどの人がスワップポイントを狙った投資をしています。

 

スワップポイントは毎日付くものなので、長期投資の方に適していると言えます。

 

長期で運用すると決めているので、それほどニュースなどに敏感になっている人は少ないです。

 

大きなニュースなどに絞った情報収集をしている人が多いです。

 

ほとんどほったらかしなので、忙しくて頻繁に取引することができない人などが長期投資(スワップ狙い)をすることもあります。

 

リーマンショック円高へ進む

 

FXの失敗理由へ戻る

 

 

 

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>