スポンサードリンク

公務員が株主になるには

株主とは?

 

株主とは会社の株を保有している投資家のことを指します。

 

一般の人は通常ですと上場している会社の株式を購入して株主になることができます。

 

株を購入するためには証券会社で口座開設する必要があります。

 

株主のメリット

 

株を買うことによってメリットが無ければリスクを負って株を購入する人が居なくなってしまいます。

 

株主になることによってメリットやリターンがあるからたくさんの人が会社に資金を提供するのです。

 

社会貢献

 

寄付やボランティアだけが社会貢献ではありません。

 

企業の利益に貢献することも立派な社会貢献なのです。

 

会社は投資家に株を買ってもらって、お金を集めます。

 

そのお金で様々な事業や商品を開発するのです。

 

もしかしたら、あなたが投資したお金で世界を驚かせるサービスや商品が誕生するかもしれないのです。

 

日本を代表する「トヨタ自動車」や「ソニー」ですら、投資家に助けられここまで成長することができたのです。

 

会社の成長を手伝えることも株式投資の魅力です。

 

株主総会に出席

 

一定期間内に会社の株を保有していると自宅に株主総会の出席の招待状が届きます。

 

出欠席は本人の自由になりますが、会社の最高幹部の声を生で聞けることは滅多にあることではありません。

 

株主総会では経営者に質問・意見を述べたり、議決権を行使する」ことができます。

 

私が初めて株主総会に出席したのはまだ未成年の19歳の頃でした。

 

一番前のド真ん中の席を確保して会社の経営者の業績、事業内容、サービス方針、目標などを生で聞けて感動したことを今でも覚えています。

 

株主総会の前にはお菓子の試食会などがあり、思っていた堅苦しいイメージとは異なりユニークな雰囲気でした。

 

株主優待・配当

 

一定期間の間に株を保有していると株主優待券や配当金をもらえることがあります。

 

しかし、全ての会社で株主優待や配当金を出している訳ではありません。

 

会社によっては株主優待は配るけど配当は出していないなど、どちらか片方の場合もあります。

 

株主優待は会社によって商品・サービス券・割引券・無料券など異なります。

 

例えばマクドナルドではハンバーガやポテトの食事券だったり、

 

イオンでは買い物の時などに使える「イオンオーナーズカード」でお会計の数パーセントをキャッシュバックしたり、イベント時には割引などのメリットがあります。

 

配当金は通常1株あたりで配当金の額を決定します。

 

例えば1株200円で配当が1株10円なら投資した金額の5%分の配当を受け取ることができます。

 

>>証券口座開設はこちら<<

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

会社を上場させるメリットへ戻る

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>