スポンサードリンク

不動産投資の魅力

退職後の資産運用

 

世の中には1億円以上の資産を持っている人は結構たくさんいます。

 

しかし、そのほとんどがその大きな資産に合わない普通の暮らしをしています。

 

なぜならその資産は使えばどんどん減ってしまうからです。定期預金に預けても年間数十万円程度にしかなりません。

 

少し前の時代なら年利5%くらいありましたので、1億円預ければ500万円くらいになりました。

 

貯金して利息で暮らすのが理想の資産運用とされていたのです。

 

しかし、これからの時代1億円持っていても安定した暮らしを手に入れることは難しいです。

 

そこで資産家に注目されているのが不動産です。

 

なぜ不動産投資?

 

なぜ不動産投資が注目されているかと言うと安定した賃貸収入が望めるからです。

 

不動産投資は初心者でも上手く運用することで毎月定額の家賃が収入として得ることができます。この収入は空室が出ない限り継続されます。

 

実はバブル崩壊以降異状な物価下落によって優良物件が格安で売りに出されていることが結構あります。

 

優良物件とは?

 

需要のある場所

 

利回りが高い

 

空室になりにくい

 

家賃収入が安定している

 

つまりこれらの良い条件の割に安い物件のことを優良物件と言います。

 

不動産投資に向いている人

 

不動産投資に合っている人とは生活に安定を求める人や脱公務員・脱サラを目指す人だと思います。

 

初心者でも不動産投資に成功すれば公務員やサラリーマンを脱退できるだけの収入が継続して入ります。

 

現に不動産投資に成功して会社を退職した人はたくさんいます。

 

働かなくても自動的に毎月家賃収入を得ることができるため、不動産収入を不労所得と呼ぶこともあります。

 

勤めながらの副業として物件を運営して行くことは可能ですが、安易な気持ちで副業として始めるのは危険です。

 

また、不動産投資は他の投資に比べて初期投資にそれなりの金額が必要になります。

 

貯金で始めるのがベストですが、多くの人が金融機関から融資を受けているのが現実です。

 

真剣な気持ちで不動産経営に望まないと失敗して借金だけが残ってしまうということにもなりかねません。

 

空室を避けるためにも物件選びの技術や不動産投資のノウハウは十分に身に着けてから始めたいものです。

 

不動産を始めるにはまずは勉強しましょう!

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待へ進む

 

不動産投資の勉強法へ戻る

 

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>