スポンサードリンク

アパートとマンションを比較

アパートとマンションの違いを教えてください?

 

このような質問を受けた時に的確に答えられる日本人はどのくらいいるだろうか?

 

おそらく10%未満なのではないかと私は思います。

 

アパートとマンションの違いをよく理解していなくても不動産投資で成功することは可能です。

 

でも、あなたが一流投資家になって取材やインタビューなどの時に質問されて答えられなかったら恥ずかしいですよね?

 

ここではアパートとマンションの違いを説明していきます。

 

マンションとアパートの勘違い

 

マンションは3階以上、アパートは2階以下

 

マンションは管理会社と契約しているけどアパートに管理人はいない

 

これらは全てよくある勘違いです。

 

別に20階建てでもアパートになる可能性はありますし、一階建てでもマンションになる可能性もあります。

 

マンションの定義

 

マンションとは「2人以上の区分所有者が存する建物」で「人の居住に使う専有部分があるもの」及び「その敷地と付属施設」です。

 

例えば物件のA室とB室にそれぞれ異なる2人の所有者がいて、A室は仕事用の事務所、B室は家族で暮らしている場合はその建物は定義に当てはまることから「マンション」になります。

 

もうひとつマンションの定義に当てはまらない例として、一戸建てのように区分所有者が1人しかいないケースです。

 

また、「その敷地と付属施設」というのは建物から少し離れた所にある集会所や駐車場などのことです。

 

アパートの定義

 

実はアパートの定義特に明確に定められていません。

 

マンションの定義に当てはまらない賃貸住宅を「アパート」と考えると良いと思います。

 

アパートのことを「コーポ」や「ハイツ」と呼ぶこともあります。

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待へ進む

 

不動産投資の勉強法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>