スポンサードリンク

株の注文の仕方

株を注文する方法は「成行(なりゆき)注文」と「指値(さしね)注文」の2つの方法があります。

 

指値注文とは

 

指値注文を簡単に説明すると、自分が指定した金額で約定することのできる注文方法です。

 

例えば買いたい会社の株を1株100円で指値で買い注文を出した場合、100円より高くなったり、安く約定が成立することはありません。

 

また株価が1株100円にならない限り永遠と約定が成立することはありません。

 

*約定とは株式などの売買が成立することです。

 

指値注文メリット

 

指値注文のメリットは自分の指定した金額意外で約定が成立することが無いため、

 

自分の望んでない価格で売買することを防ぐことができます。

 

また、1株100円で買った株が200円まで上昇した時などリスクを回避するために指値注文を使えば株価が下がった時に売ることができます。

 

150円で指値の売り注文を出しておけば激しい暴落相場にならない限り利益を確保することができます。

 

指値注文デメリット

 

指値注文のデメリットは注文に速攻性が無いことです。指定した金額にならなければ約定することが無いため、

 

株の買い時を逃してしまう可能性が高いです。

 

また株価の変動が激しい時など早く買いたい・売りたい場合に成行注文が優先されるため緊急の事態が起こった時に弱い注文方法です。

 

指値注文の使い道

 

特に株の売買を焦っていない場合は指値注文で自分の理想の価格を指定して注文を出すと良いでしょう。

 

指値注文を使えば自分が買いたい・売りたい価格でしか約定が成立しないため、納得のいく取引ができると思います。

 

成行注文とは

 

成行注文を簡単に説明すると、株の値段を指定しないで注文を出すのが成行注文です。

 

値段の指定しないということはいくらで買ったり売ったりできるか正確にはわかりません。

 

株価が200円のところで買い注文を出したのに210円で高く買うはめになったり、逆に190円で安く買えることもあります。

 

成行注文のメリット

 

成行注文は株価に関わらず注文を出すことができるため、素早く約定できる可能性が高いです。

 

さらに一般的に指値注文より成行注文の方が約定が優先されます。

 

成行注文のデメリット

 

成行注文の場合、値段を指定しないので、いくらで約定できるのか正確に予想することができません。

 

そのため株価の変動が激しい場合などは思いがけない金額で約定してしまう可能性があります。

 

例えば株価100時に成行注文を出したのに、短時間で株価が暴落した結果80円で約定が決まってしまったなんてことが起こることもあります。

 

成行注文の使い道

 

成行注文はスピードのある注文方法なので、

 

株価に上昇の影響を与えるニュースが報道されると株の買いが殺到することがあります。

 

企業の期待感を持てるニュースが報道された場合にできるだけ早く購入したい場合は成行注文がおすすめです。

 

基本的に指値注文より成行注文の方が優先されますので、「できるだけ早く買いたい・売りたい」時に成行注文は有効な注文方法です。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

株の購入方法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>