スポンサードリンク

証拠金制度とは?

FX取引の証拠金とは?

 

公務員が副業する場合のFX取引において必ず知ってもらいたいのが、「証拠金制度」です。

 

FXは外国為替証拠金と呼ばれていますが、そもそも「証拠金」とは何でしょうか。

 

簡単に言うと、FX業者に信頼してもらうために預けておくお金のことです。

 

証拠金を預けるメリット

 

FXの魅力として、実際に投資する資金より、最大25倍の金額で取引することのできる、レバレッジ制度があります。

 

しかし、レバレッジ制度を受けるためには、一定の証拠金をFX業者に預ける必要があります。

 

その預けた証拠金を担保に投資した金額以上の買い・売りのFX取引をすることができるのです。

 

例えば、証拠金を10万しか預けなくても、最大25倍の取引が可能ですので、250万円分までの取引可能です。

 

FXの差金決済

 

レバレッジ制度を利用して、売買が終了した場合、差金決済という方法で清算することになります。

 

差金決済とは例えば、10万円の利益が出れば10万円がプラスで証拠金に加算され、10万円の損失が出れば10が証拠金からマイナスされます。

 

FXの投資効率

 

FXは投資家の間でも投資の効率が良いと言われていますが、その理由は証拠金制度にあります。

 

少ない資金でも、レバレッジをすることで、大きな利益を生み出すことができるのです。

 

但し、注意してもらいたいのは、FXで大きな利益を期待できるということは、反対に大きな損失になるリスクもあるということです。

 

証拠金を基に大きな金額で取引するほど、ハイリターン・ハイリスクになるということです。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>