スポンサードリンク

FX取引のリスク

外国為替証拠金取引のリスクとは?

 

公務員が副業でFX取引する前に知ってもらいたいのは、FXのリスクです。

 

FXのリスクはFX初心者には必ず知っておいてもらいたいし、理解してもらいたいです。

 

公務員の人で、FXのリスクをしっかり認識していなかったことから、FX取引に失敗した人もいました。

 

副業でおこずかい稼ぎ程度に思っている人も、FX取引で生活したいと考える、脱公務員を狙っている人も頭に叩き込んでおきましょう。

 

為替レートのリスク

 

FXのリスクでは定番ですね。世界の為替レートは常に上下に値動きをしています。

 

今まで、主要国で重要指標が番狂わせの場合など、大きく為替レートが動く場面も何度か経験しました。

 

為替レートの変動にはニュースや新聞などの影響力も少なからずあると言えるでしょう。

 

単純に言うと、円安で米ドルを買って、円高で売ると損失が出ますよね?これば為替レートの変動によるリスクです。

 

為替レートのリスクは証拠金を基に大きなレバレッジをすれば、するほど、リターンと共にリスクも大きくなります。

 

FX取引は余裕のある証拠金で取引することをおすすめします。

 

流動性のリスク

 

FX取引は通貨を売りたい人と買いたい人がいるから成立するので、通貨を売りたい人がいなければ通貨を買うことはできないし、通貨を買いたい人がいなければ通貨を売ることができません。

 

流動性とは簡単に言うと、すぐに投資した通貨を決済できるということです。

 

常に売買できる市場環境なら、流動性は高いと言えるので、流動性のリスクは低いと言えます。ただ、新興国の通貨などは、取引する人が少ないので市場で取引量が少なくなり、流動性が低いと言えるので、流動性のリスクは高いと言えます。

 

また、地震や災害などが起こると売買が混雑することもあり、流動性リスクが高くなることもあります。

 

システムのリスク

 

これは滅多にないことではありませんが、一応リスクとして認識してもらいたいことです。

 

FX取引では電子取引システムを活用しているため、エラーや誤作動が起こるリスクがあります。

 

具体的に投資家にどのようなリスクが起こる可能性があるかというと、注文の決済が遅れる、投資情報サービスの最新情報が更新されないなど最悪なケースを考えると取引停止になることも考えられます。

 

また、自分のFX口座のIDやパスワードが他人漏れないように、パソコンのセキュリティーは万全にしておきたいところです。

 

 

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>