スポンサードリンク

FXの取引時間帯・季節

FXは24時間取引可能

 

FXを副業として選ぶ人の理由で多いのは、仕事が終わった後の時間帯でも取引することができることです。

 

株式取引の場合、市場が開いている時間帯は公務員もサラリーマンもほとんどの人が仕事中ですからね。

 

しかも、仕事が終わる時間帯の17~夜中の3時の間は取引が活発に行われて、為替レートの値動きが大きくなる取引時間なのです。

 

公務員やサラリーマンで副業としてFXをやる人が多いのも無理はありませんね。FXが副業として人気の理由が良くわかります。

 

FX取引が24時間取引することのできる理由は、日本株式とは異なり、日本の市場だけで為替取引が行われていない事です。

 

世界の為替市場

 

ウェリントン市場

 

午前5時~午後15時

 

シドニー市場

 

午前6時~午後16時

 

東京市場

 

午前8時~午後18時

 

香港・シンガポール市場

 

午前9時~午後19時

 

フランクフルト市場

 

午後16時~午前2時

 

ロンドン市場

 

午後17時~午前3時

 

ニューヨーク市場

 

午後22時~午前6時

 

*日本時間・夏期の時間帯。季節によって取引時間は多少異なります。

 

季節によって為替レートが変動する?

 

年の月など季節によって為替レートに影響が出ることがあります。

 

例えば、決算期です。日本企業の場合、決算期が3月に集中しているため、円が買われ、円高になることもあります。

 

これはアメリカなど主要国の通貨にも言えることです。必ずしも、毎年影響が出る訳ではありませんが、季節によって為替レートが変動することもあるとだけで覚えておいてください。

 

FX取引量が活発になる時間帯

 

FXは24時間取引することができる、異なる2つの通貨を交換し、値動きによって利益を得るものですが、FX取引が盛んになる時間帯というのがあります。

 

季節のよっても多少異なりますが、基本的に夕方~夜中が通貨の取引量が多い時間帯になります。

 

つまり、ロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間帯ですね。

 

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>