スポンサードリンク

副業の税制

副業を始める前に税金を知っておこう!

 

多くの人が副業を始める前に不安に思うのが、税金問題です。

 

すでに副業を始めてしまっているも税金には注意する必要があります。

 

公務員やサラリーマンに勤めている方は職場の経理の担当が税金を計算して処理してくれているので、あまり税金の知識に詳しくない人も多いはずです。

 

しかし、税金の知識なしに副業を開始してしまうと、確定申告の時期が近づくと、処理方法が分からず焦って、副業していることが職場にバレナイか不安になる人もいるようです。

 

私のおすすめは副業を始める前に、ある程度の税金の基礎知識を理解しておくことです。

 

なぜなら、確定申告の方法をミスしてしまうと職場に副業していることがバレる危険性が高いからです。

 

副業が認められている会社でも、副業をしていることを職場の人に知られたくない人も多いはずです。

 

そもそも、副業をするには税金の知識は必須なので、勉強しておいて損することはありません。

 

副業で確定申告が必要になる該当者

 

確定申告は会社勤めの人であれば通常は給料・ボーナスが所得税として天引きされますので、必要はありません。
*年収2000万円以上の給与所得者など一部の条件に当てはまる方は確定申告の義務が生じます。

 

しかし、副業など得た収入は会社ではカバーしきれないので、還付・追加納材するために確定申告するのです。

 

副業で確定申告の該当者になる人は1月から12月の1年間で・・・

 

給与以外の所得が20万円以上ある人

 

つまり、会社に勤めていて、20万円以上副業として収入がある人は確定申告の義務が生じることになります。

 

逆に言うと副業収入を20万円以下に抑えれば、基本的に確定申告の必要はないことになります。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>