スポンサードリンク

公務員が株で稼ぐ方法

公務員副業で株式投資をとしておこなう場合で、株の稼ぎ方の種類を紹介します。

 

売却益(キャピタルゲイン)で稼ぐ方法

 

株の稼ぎ方の基本は安く買った株を高く売ることです。

 

その差額で稼ぐ方法を売買益と言います。

 

売買益をキャピタルゲインと呼ぶこともあります。

 

株で稼ぐことは超シンプルなことなのです。単純に安く買って、高く売れば良いのですから。

 

しかし、全員が上手いように売却益を得ることができないのが投資です。

 

稼ぐ人がいる分損失を出した人がいる訳です。

 

よくボクシングなどで格闘技関係で言われる「負ける人がいるから勝つことができる!」と同じですね。

 

しかし格闘技の場合は厳しい練習に耐えて実力が無いと勝つことができませんが、

 

株式投資の場合ですと、意外と初めての株取引なのに資産を10倍に増やしてしまったなんて人もいます。

 

株式のプロと呼ばれる人でも資産を10倍に出来る人は一握りです。

 

ではなぜ株初心者が資産を倍にすることが出来たのか?

 

株取引はプロも初心者もそれほど変わらない

 

株式投資のプロのトレードも株初心者もそれほど取引の勝率は変わりません。

 

なので、株初心者が不利ということは決してありません。

 

稼ぐチャンスは平等にあります。

 

2013年投資で最も稼いだと言われているウォーレン・バフェットですら損失を出した年もあるのです。

 

バフェットが損失を出した年でも、はじめて株取引を行った人が資産を何倍にもしているという事実があるのですから。

 

配当金で稼ぐ方法

 

投資家の中には株式の配当で不労所得を得て生活している人がいます。

 

企業が投資に配当する金額は銀行などの利息より多いことがほとんどのため配当を目的に株式投資をしている人もいます。

 

銀行の場合ですと年利1%以上商品はほとんどありませんが、株式では年間2~5%程度の配当を出す企業がたくさんあります。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!へ進む

 

株の注文方法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>