スポンサードリンク

不動産投資収入を得るには

不動産投資の基礎知識

 

不動産屋の収入は物件をお客さんに売って数パーセントの手数料をもらって利益を出します。

 

しかし、不動産で収入を得る方法は売買して儲けるだけに限られている訳ではなく、投資して運用益としてリターンを得ることもできます。

 

不動産投資で重要なのはリターンを得ることです。つまり利益又は収入を得るための方法を考えなければいけません。

 

リターンを得るためには必ずと言っていいほど、リスクもついてくるものです。

 

不動産の分散投資

 

リスクを軽減する方法として、分散して投資することです。ある程度お金を持っている人であれば、投資用物件は数個くらい購入することは可能でしょう。

 

全財産を1つの物件の購入費に充てるのはあまりにもリスクの高い投資と言えます。

 

なぜならその物件がリータンに繋がらなければ大きな損失になることもあるからです。

 

それに比べて不動産を分散して投資をすればどうでしょうか?

 

例えば資産3000万円を持っていて、1000万円の物件を3つ購入すれば、1つの不動産投資が失敗に終わっても、残りの2つの物件でカバーできる期待ができます。

 

確かに1つの物件に投資して、その不動産が成功して繁盛すれば、大きなリターンになることが考えられます。

 

しかし、大きなリターンを覆せば大きなリスクになるのです。

 

不動産投資でリスク対策を考えているなら、物件の分散投資をすることも1つの手です。

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待へ進む

 

不動産投資の勉強法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>