スポンサードリンク

不動産と株式どちらに投資するか?

不動産と株式の資産運用

 

日本のバブル時代は不動産は買えば物価は上がり続け、株式は早く購入すればより大きな収入を得ることができるなど、今では考えらない迷信が数多く存在しました。

 

現在は大きなお金を持っている資産家が効率の良い長期的な運用方法として、不動産や株式に投資している人が多く見られます。

 

しかし、バブル当時は資産を運用するという「投資」ではなく、ギャンブルなどに近い「投機」的な方法で不動産と株を売買していました。

 

不動産と株式の相違点

 

まず、余ったお金で資産運用するという意味では不動産も株式も同じことだと言えます。

 

しかし、不動産と株式には決定的な違いがあります。

 

不動産の場合、簡単に売買を繰り返すことは基本的にできません。

 

基本的に不動産投資をするということは物件を売買することではなく、家賃収入を得ることが目的なはずです。

 

バブル期は不動産を売買して稼ぎ、現在は不動産の家賃収入を得る投資方法に変わっていきました。

 

株式の場合は基本的に上がりそうな銘柄を選定して、株を買って、株価が上がれば売ります。

 

この繰り返しで、利益を出す訳です。「安く買って、高く売る」これが株式投資の一般的な儲け方です。

 

つまり、不動産投資は継続して、収入を得るためのの投資、株式投資は日々の売買で利益を出したり損失を出す投資です。

 

不動産投資のメリット・デメリット

 

不動産投資は安定して利益を得ることが期待できる投資ですが、いきなり大金を稼ぐ期待は持てない投資です。

 

株式投資のメリット・デメリット

 

株式投資は安定収入は望めませんが、短期で大きな利益を稼ぐことができる期待が持てる投資なのです。

 

不動産投資の勉強法へ進む

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>