スポンサードリンク

不動産でお金を生み出す

資産を増やすには

 

近年の日本の金融機関の低金利から資産運用に対しての関心が一層強くなりました。

 

資産運用の方法は様々で代表的な投資と言えば、不動産投資、株式投資、投資信託、FX(外国為替証拠金取引)などがあります。

 

これらの投資方法で資産運用をする目的は、インフレ対策やお金の有効活用です。

 

一般的に投資は大きな資産を持っている資産家はそれだけ大きな利益を生む期待ができます。

 

逆に借金などをして負債を抱えている人は、返済の金額に+で金利や利息を返さなければいけないので大きな負債を抱える危険があります。

 

世の中のお金の流れ

 

例)

 

大きな資産→金利発生→利益が生まれる→より豊かな生活レベルへ

 

大きな負債→金利返済→返済金額が膨らむ→破綻へ

 

不動産投資で資産を運用

 

不動産投資は基本的に物件を購入して、物件を貸すことで家賃収入を得る資産運用です。

 

そのため、まずは借りてくれる人がいないと話になりません。資産運用にならないのです。

 

しかし、すでに物件を借りている人がいる物件を購入すれば、空室のリスクはとりあえずしのぐことができます。

 

不動産投資の場合、物件の金額が高額なことから、銀行から借り入れて不動産を買い付け運用することが多いです。

 

借りたお金のレバレッジで資産を運用するのが不動産投資の醍醐味なのです。

 

【登録無料】収益物件数No.1!国内最大の不動産投資サイト楽待へ進む

 

不動産投資の勉強法へ戻る

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>